忍者ブログ

徒然な日々

Palm、電子小物を中心に日々 思った事をメモっていきます。

12/19

Tue

2017

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

08/17

Sun

2008

大崎下島 御手洗

御手洗まで、歩いていくのも日頃の訓練がいいのか、子供が動いてくれません。





すぐ先には、千砂子波止が写っています。

鴻池の作った住吉神社の太鼓橋も見たかった。
(しかし、運送関連で鴻池の江戸時代の話は聴いていたけれど、これを関係者にみせてあげると喜んだだろうに!)



御手洗港まで歩いてきましたが、バス乗り場を幸運にも発見できましたので、次の到着の時刻を見ると12時5分となっていました。

当然 あまり 遠くにはいけません。

そこで、港近くにある資料館と、竹原屋にいってきました。





三条実美、三条西季知、東久世通とみ、壬生基修、四条隆歌、坂本竜馬、シーボルト、などなど、歴史の裏舞台になった由緒ある建物がある場所です。

瀬戸内海の歴史を正面からとりあげられたケースはあまりありませんが、隣の豊島では、家船(えぶね)の町があり、これは平家の落人と一部 関連があるそうです。

海の上の船が住居とは、想像できません。

が、これも悲しい歴史の一こまです。



できることなら、もっと御手洗にいてゆっくりしたかった。

レトロな町です。

これは、観光でも十分やっていけると思います。

町自体は、規模が小さいので自転車で十分みて回れます。



資料館に、
明治時代の海岸線のパノラマ画像がありましたので、撮影してきました。




海岸線の建物は、遊郭です。



親父の話によると、昭和30年代までは、現存していたとのことです。




このあたりの地理は、島々が入り組んでいますが、隣の島が愛媛県であったりします。

政治的利害関係が、藩同士の綱引きとなったのでしょう。

地元のひとじゃないと地理が把握できないでしょう。




おちょろの無縁仏があり、豊町が、そういった仏を集めて、坂の上に墓所を設けています。

この内容は中国新聞が一度 とりあげてくれたのですが、ネットではほとんど検索できません。

四国や九州から、売られてきた若い娘が多かったそうです。

いわば人身売買が公然と行なわれていたことになります。

これは、木江にも言えることなのですが、無縁仏が道路拡張などで、海岸線を工事していると、沢山の人骨が出土してくる話をよく聞きます。

平野部が少ない島では、傾斜地に墓を作ることが多いのです。

遊郭の裏山とか、そういった近距離に無縁仏が集合しています。

幽霊の話もそういった場所では噂で聞きます。




港町は、風情がありますが、裏の歴史もあり2面性があります。

悲しいかなおちょろの話は、あまりのこっていません。

また、おちょろを経営していた関係者も、あまりいい話はありません。



しかし、豊町に歴史の見える丘公園に「おいらん公園」ができたことは評価すべきことです。

過去と正面に向かって取り組むことの意思表示です。

もし、おやじが、大長出身でなければ、関わる事のなかった歴史です。

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

ブログ内検索

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新コメント

[07/23 van cleef and arpels alhambra earrings pearl replica]
[07/19 cartier love bracelet silver faux]
[07/13 bracelet cartier imitation]
[05/19 backlink service]
[02/08 管理人]

最古記事

本棚

独立リーグニュース

にほんブログ村 野球ブログ 独立リーグへ

プロフィール

HN:
dog2000
性別:
男性
趣味:
パソコン サイクリング
自己紹介:
ブログを覚書に利用しています。

バーコード

Copyright © 徒然な日々 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]